不動産売却には3社以上の見積もりが必須

不動産売却は最後は不動産会社・担当者にかかってきます。ポイントは値下げ、これを間違うと売却がもっと遅れる結果に

Hot Topics
不動産売却には3社以上の見積もりが必須

不動産売却が思うように運ばなくなったら

不動産売却をしていて中々売れないといった場合に一番効果があるのが「値下げ」です。持ち主にしてみれば一番採りたくない方法ですが毎回売れない、売れないといった報告を聞いているのも嫌になる瞬間があります。もともと少し高めの設定にしていた場合、売れないなら値段を下げることになります。

問題はその下げ方と時期なのです。これは持ち主が出来ることではありませんので担当者にゆだねるという形になります。下げ方で一番良くない例は少しずつ小刻みに下げていくといったやり方でしょう。金額の高い商品ゆえに少しくらい値眼が下がってもあまり目に付きにくく、お得感も薄くなります。さげるなら300万円以上は覚悟しておく方が良いかと思います。

また近年なら増税前に値下げすることが多いのですが、そういったタイミングのない場合は真夏や真冬を除く季節の変わり目に行いましょう。真夏や真冬は物件の見学などをする気になりにくいというデメリットがりますので春や秋が良いかと思います。


Copyright(c) 2017 不動産売却には3社以上の見積もりが必須 All Rights Reserved.