不動産売却には3社以上の見積もりが必須

不動産売却には土地の境界線の確認が必須です。境界線は近隣住民との問題になるので必ず確認します。

Hot Topics
不動産売却には3社以上の見積もりが必須

不動産売却で土地の境界線の確認は必須です

不動産売却で土地の境界線の確認は必須です。土地の境界線は近隣住民との問題に直接繋がります。境界線を曖昧な状態にしたまま不動産を売却することで、後々問題が起こりかねないので事前に境界線を決めます。境界線を明確化する方法として、登記記録などの書面上で決めることはもちろんですが、現地でしっかり決める必要があります。現地で確認する方法は境界線を示す目印として境界標があるのでこれで確認します。

しかし、この境界標が無い可能性があるので、無い場合は土地の実測を行って境界線を決めます。境界線を自分だけで決めることはできないので、近隣住民の人としっかり協議して境界確認書を交わしてお互い納得した上で境界線を決めます。お互い納得しない状態で片方が強引に決めてしまうと、後々土地を所有する人との間で問題が起きます。必ず不動産売却を完了させる前に境界線の問題は解決します。こういった問題1つを取っても不動産を売却する時の信頼が変わるので慎重に対処します。


Copyright(c) 2017 不動産売却には3社以上の見積もりが必須 All Rights Reserved.