不動産売却には3社以上の見積もりが必須

不動産売却時に不動産に傷みなどがあれば改修をする必要があります。改修のタイミングなどを説明します。

Hot Topics
不動産売却には3社以上の見積もりが必須

不動産売却時に改修は必要なのか

不動産売却時に改修は必要なのか疑問に思う人は少なくないです。不動産を売却する時に改修が必要であれば、どのタイミングで必要なのかなど説明します。改修の対象となる事象として雨漏りや建物の傾き、設備の故障など様々です。これらの改修対象をしっかりと明確化した上で売却価格を決定して改修せずに不動産売却する方法もあります。しかし、改修する部分があると売却価格も低くなることが多いので、改修してから売却する方法を取る人が多いです。

改修部分を修復してから売却する場合は売却費用として修復費用が加算されます。または、修復費用を売却価格から予め引いた金額を売却価格として決める方法もあります。以上の内容から改修する部分があると売却価格に必ず影響が出ます。これらの問題について最終的には売主である自分がどう対処するか判断する必要があります。もしも、自分だけでは決定しかねる場合には仲介を依頼している不動産会社などにアドバイスを求めてその上で判断することもできます。

お役立ち情報



Copyright(c) 2017 不動産売却には3社以上の見積もりが必須 All Rights Reserved.