不動産売却には3社以上の見積もりが必須

不動産売却にはいくつかの流れがあります。その中でも第一歩となるのが売却価格の決定です。その内容を説明します。

Hot Topics
不動産売却には3社以上の見積もりが必須

不動産売却の第一歩として売却価格を決める

まず、不動産売却を検討する時には、その第一歩となる売却価格を決めます。基本的な方法として売主の希望価格と不動産会社が算出する査定価格を考慮した上で売主が売却価格を決定します。この時売主が早く不動産を売ってしまいたいのであれば希望価格よりも安く売却価格を設定します。逆に、時間が掛かってもいいから高く売りたいのであれば希望価格に近く売却価格を設定します。

住み替えに伴う不動産売却であればその点も踏まえて売却価格を決める必要があります。売却価格をあまり低く設定すると住み替えに必要な費用の負担額が大きくなります。不安な点があれば不動産会社に相談して売却価格を決めるのも1つの方法です。売却価格が決まったからと言ってその値段のまま取引が終わるとは限りません。買主側にも売主側と同様に希望価格が存在します。実際に取引が成立するには売主と買主の間で価格の交渉を行った上で売買価格を決定します。以上のことから売買価格を決めるにはまず売却価格を決める必要があると言えます。

お役立ち情報



Copyright(c) 2017 不動産売却には3社以上の見積もりが必須 All Rights Reserved.