不動産売却には3社以上の見積もりが必須

新しい住宅を建築したら、既存の住宅は売却することになるでしょう。不動産売却の方法について確認してみましょう。

Hot Topics
不動産売却には3社以上の見積もりが必須

不動産売却の方法とは?

土地や建物は不動産と言いますね。このような不動産は、所有しているだけで固定資産税を支払わなければなりません。もちろん固定資産税にも軽減措置はありますが、誰も住んでいない住宅でも固定資産税が課税されては大変ですね。購入したマイホームがあるけど転勤でしばらく住むことができないといったときは、不動産業者に相談して賃貸してはいかがでしょうか?月々一定の家賃収入があるので、ただ放っておくよりもいいですね。

新しく住宅を建築したら、これまで住んでいた住宅は賃貸するか売却することになるでしょう。賃貸すると管理が大変だという方も多いですから、思い切って売却処分してしまってもいいですね。売却した代金を新しい住宅の購入費用に充てることもできます。不動産売却を望むなら、インターネットで一括査定を依頼する方法もあります。自分で不動産会社に連絡しなくても、ネット上で必要な項目を入力すると、不動産会社の方から査定に関する連絡が入るようになっています。

お役立ち情報



Copyright(c) 2017 不動産売却には3社以上の見積もりが必須 All Rights Reserved.