不動産売却には3社以上の見積もりが必須

不動産売却を進める上で、不動産の価格査定は必須です。数ある評価手法についていくつか説明します。

Hot Topics
不動産売却には3社以上の見積もりが必須

不動産売却は価格の評価手法を知ることが大切です

不動産売却を進める上で必ず価格査定が関わってきます。この価格査定には様々な評価手法があるのでいくつか説明します。まず、最も一般的な評価手法として取引事例比較法があります。この手法は売却をしようとする不動産に似た不動産の過去の売却事例と比較して査定価格を決めるという手法です。まず、自分が売却を考えている不動産と過去の事例の対象となる不動産を比較して、取り引き事例の価格をベースに概ねの査定価格を決定します。

概ね決定された査定価格に取り引き時点の不動産市場の全体の動向を加味した額で査定価格が決定されます。過去の事例の対象となる不動産との比較方法として、個別性で判断します。例えば、土地で言えば土地面積や形、方位、隣接する道路の状況などです。マンションなどの建物で言えば間取り、方位、周辺環境などが挙げられます。これらの個別性を比較した上で、事例の対象となる不動産と売却予定の不動産を比較して価格査定する評価手法が取引事例比較法です。


Copyright(c) 2017 不動産売却には3社以上の見積もりが必須 All Rights Reserved.