不動産売却には3社以上の見積もりが必須

不動産売却の価格の評価を行うのは難しいものですが、収益還元法を使うことで目安がはっきりしてきます。

Hot Topics
不動産売却には3社以上の見積もりが必須

不動産売却時の価格の妥当性

いず不動産売却をしようと思った時に一番心配なのが、いくらで売れるか、です。当然需要と供給の世界ですから、なかなか自分の思った通りの価格で売ることはできないということは分かっていても、やはり基準となる価格や、これ以上譲ってはいけない価格というものを自分なりに持って価格交渉に臨みたいものです。そういった時に役に立つのが、収益還元法により算出した価格です。

収益還元法とは、将来得られる収益(収入から経費を引いた純収益)や売却価格(投資を手じまいする時に売却する価格で復帰価格という)を現在の価値に引き戻して(一定の利率で割引計算をして)現在のキャッシュとしての価値に修正するものです。この価格と、将来この不動産が稼ぐ金額が同じ価値があるということを意味します。そうなれば、この価格より下回った価格で売却するのは損という目安が自分の中にできてきて、交渉をやり易くなるでしょう。ちなみに、貸出しをしていない自宅のような不動産でも、仮に賃貸したらと仮定して算出することができます。

お役立ち情報



Copyright(c) 2017 不動産売却には3社以上の見積もりが必須 All Rights Reserved.