不動産売却には3社以上の見積もりが必須

不動産売却には売却すべきタイミングがあります。住み替えに伴う不動産売却は先に行う方が得する理由を説明します。

Hot Topics
不動産売却には3社以上の見積もりが必須

住み替えに伴った不動産売却は先に検討する必要がある

不動産売却にはその時々の状況によって売却すべきタイミングがあります。例えば住み替えに伴う売却であれば先に売却を決定することで得する部分があります。現在の住居の売却価格を決めた上で、新居の購入を検討できるので資金の計画が立てやすくなります。後に売却となると資金的に大丈夫なのか不安に思う部分があるので、先に売却することによって資金面で安心して新居を選ぶことができます。

しかし、現在の住居を先に売却するとなると購入の進捗状況に応じて、現在の住居を先に引き払わなければいけない状況になります。先に引き払ってしまって自分が住む家がなくなると困るので、必ず売却する際には引き渡し時期をしっかり調整してから新居の購入時期を決めます。どうしても購入時期の調整が難しい場合には一時的な仮住まいとして住居を用意することも想定しなければならないです。以上の内容から住み替えに伴った不動産売却はまず売却から進めることをお奨めします。


Copyright(c) 2017 不動産売却には3社以上の見積もりが必須 All Rights Reserved.