不動産売却には3社以上の見積もりが必須

居住用不動産売却して利益が出た場合には、所得税の3000万円特別控除を使って節税ができます。

Hot Topics
不動産売却には3社以上の見積もりが必須

居住用不動産売却をした場合の特別控除

居住用不動産売却が必要になり、売却したら利益が出たとしましょう。利益が出ることは結構なことで、建物の場合を除けば、買った時の値段より高く売れたということになるでしょう。しかし別の問題があります。それは税金がかかるということです。売却した代金から所得税などを支払わなければならないとすると、そのお金を使って買換えをしようと思っていたりした場合には、思っていた物件が買えなくなってしまいます。

そこで登場するのが居住用不動産の譲渡所得の3000万円特別控除です。この規定を使うことにより、売却益を3000万円まで消してくれるのです。多くの場合は税金がかからずに済むでしょう。この特例の適用を受けるための要件はわりと緩く、所有期間や居住期間の長さは問われません。また、一度使っても、前年・前々年に使っていなければ何度でも使えます。あとは、この規定の適用によって税金がゼロになる場合でも確定申告をする必要がある点は留意が必要です。


Copyright(c) 2017 不動産売却には3社以上の見積もりが必須 All Rights Reserved.